【ビッグゲームルアーズ】は、カジキ・マグロトローリングルアー、スカート、リギングツール、トローリングタックル用品のオンラインショップです。
対象魚:カジキ,マグロ,カツオ,メジ,サワラ,カンパチ,ヒラマサ
カジキ・フィールド情報:与那国・土佐・すさみ・鳥羽・志摩・遠州灘・下田・三宅・銚子・金華山
サイト内検索
カートの中を見る
お客様MY PAGE
ショッピングご利用案内
お問合せ
メール投稿
サイトマップ
ビッグゲームルアーズ BigGame-Lure's カジキ・マグロトローリング
トップページ 商品名リスト 最新オフショアBLOG トローリングテクニック フィールドレポート カジキリンク集
 
商品目次
IMACOLE イマコレ!ブログ
今コレが人気です
今コレ!いちおしルアー
今コレ!フォーメーション
今コレで釣れてます
バックナンバー
2009年4月〜2010年6月
魚種別おすすめルアー
マカジキ・バショウカジキ
カツオ・マグロ・青物
ライトトローリング
商品カテゴリ
ルアー
ルアー
  トローリングルアー
  ルアー・ジグ・鯛ラバ・インチク
ベイト・スカート
ティーザー
潜行ビシ・潜行用具
フック・ライン・リギング
ライン・リーダー
フック
リギング用品
トローリングタックル
リール
  ビッグゲーム両軸リール
  両軸リール
  スピニングリール
  ビッグゲーム両軸リール
ロッド
  トローリングロッド
  ルアーロッド・ボートロッド
リール・ロッド・ラインセット
ギャフ・タグ
ハーネスとその他のタックル
ライトトローリング
ライトトローリングルアー
ライトトローリングティーザー
ライトトローリング曳縄セット
ライトトローリングリール
ライトトローリングロッド
ボートフィッシング
中深海仕掛
ルアーフィッシング
マグロ釣り※準備中
雑誌・DVD・その他関連商品
雑誌・書籍・DVD
その他関連商品
商品の在庫検索
お探しの商品名、商品名の一部、
キーワードを入力してください。
※在庫が空欄の商品はお取り寄せ商品です。メーカー在庫の有無により多少お時間を頂きますのでご了承ください。


ご注文方法
■オンラインショッピング
カートでご注文
各商品ページよりご注文いただけます。
(年中無休)
SSL暗号化サイト
SSLショッピングカート
当ショップのショッピングカートは128bit-SSL暗号化通信システムにより、お客様の個人情報など機密性の高い情報でも、安全にやり取りできる最高レベルのセキュリティ環境に保たれています。第3者からの情報盗聴・改ざん・成りすまし等から保護された環境で安心してショッピングをお楽しみください。
■TELでご注文・お問合せ
053-474-5555
(土・日・祝日休み 平日10:00〜17:00)
■FAXでご注文・お問合せ
053-525-7732
(年中無休)

FAX注文書

お支払方法、送料・手数料
お届けなど 詳しくは
ショッピングご利用案内
トローリングルアー/ライトトローリング
魚種別おすすめルアー > カツオ・マグロ・青物 ライトトローリングルアー ライトトローリング用ルアー
カツオ・マグロ・青物 ライトトローリングルアー 魚種別おすすめルアー
カツオ・マグロ・青物 ライトトローリングルアー
カツオ・マグロ・青物 ライトトローリングルアー
カツオ・マグロ・青物 ライトトローリングルアー
カツオ・マグロ・青物 ライトトローリングルアー
カツオ・マグロ・青物
カツオ・マグロ・青物におすすめのライトトローリングルアー
カツオ・マグロ・青物 ライトトローリングルアー
カツオ・マグロ・青物 ライトトローリングルアー
カツオ・マグロ・青物 ライトトローリングルアー
カツオ・マグロ・青物 ライトトローリングルアー
カツオ・マグロ・青物 ライトトローリングルアー
目次
1. カツオ・メジ
2. 小型のマグロ・メジ
3. キハダマグロ・クロマグロ
4. 冬のトンボマグロ

5. 沿岸のハマチ・サバ・ソーダカツオ

6. ワラサ・ブリ・ヒラマサ・カンパチ・サワラなどの大型青物
7. ヒラメ・コチなどの沿岸の底物
8. シイラ・オキサワラ
9. セイルフィッシュ・マカジキ
10. 南の島のライトトローリング

※ライトトローリング、ライトトローリングルアーについて詳しくは下記ページをご覧ください。

ロッドとリールで始めるライトトローリング
 

1. カツオ・メジ
【ルアー選びのポイント】
(※春から秋に回遊するメジと呼ばれるマグロの幼魚も以下同等)

カツオは1月ごろから回遊が始まり、3月〜6月ごろが春の最盛期。
また秋になれば北の海で栄養たっぷりのイワシを食べて脂ののった戻りカツオが9月から10月にかけて釣れます。

カツオは3cmくらいの小さなシラスと呼ばれるイワシの仔や10cmほどのイワシから、大きな20cmほどのイワシなどの小魚を好んで食べていますが、そのベイトサイズにマッチしたルアーを使います。
イワシといっても小型のカタクチイワシやセグロイワシ、大型のウルメイワシやマイワシなど、それぞれ成長の時期や回遊の状況で各種のサイズのイワシが回遊します。

小さなシラスを食べているカツオは小さなルアーにしか喰ってきません。
大きなイワシを食べているカツオのなかでも大判と呼ばれる5kgを超えるカツオには大きめのルアーを使います。小型のカジキルアーにも喰ってきます。
【おすすめサイズ】
・一般的なサイズのルアー
ペンショート 3号〜4号スカート
ペンカットS 3号〜4号スカート

・シラスを食っているときのルアー
シラスベイト メタル
ペンショートS シラスベイト

・大きめのルアー
ペンロング 3号〜4.5 号スカート
ペンカット 3.5号〜4.5号スカート
PEN ペンルアー
  ペンロングBG(スカート付)
HP(ホログラムパール)・3MX(メキシコシェル三面貼)
全長約16cm ヘッド長約7.0cm×ヘッド径約1.1cm
 
  ペンロング(スカート付)
HP(ホログラムパール)
3M
(パウアシェル三面貼)・3MX(メキシコシェル三面貼)

全長約14cm〜18cm ヘッド長約6.4cm×ヘッド径約1.0cm
 
  ペンバレット(ウエイト調整済リグ付)
全長約13cm〜15cm ヘッド長約3.7cm×ヘッド径約1.2cm
  ペンカット(スカート付)
HP(ホログラムパール)
MA
(パウアシェル)・HS(ホワイトシェル)・MX(メキシコシェル)
全長約12.5cm〜14.5cm ヘッド長約2.5cm×ヘッド径約12cm
 
  ペンカットS(スカート付)
HP(ホログラムパール)
MA(パウアシェル)・MX(メキシコシェル)
全長約9.5cm〜11cm ヘッド長約2.1cm×ヘッド径約1.1cm
 
  ペンショート(スカート付)
HP(ホログラムパール)・BBG(青/青/緑)・3R( 赤三面貼)・RBP(赤/青/パール)
3MX(メキシコシェル三面貼)
全長約10cm〜11.5cm ヘッド長約2.2cm×ヘッド径約0.9cm
 
  ペンショートS(スカート付)
HP(ホログラムパール)
全長約6.5cm ヘッド長約2.2cm×ヘッド径約0.7cm
 
Natural ナチュラルルアー
【フックの選択】
フックですが、カツオは顎が弱いので漁師さんは3又針や2又針の2丁掛け(4本針)などを使います。
確かにバラシが少なくなりますが、針をはずすのが大変です。大きすぎると喰いも落ちます。
プレジャー艇のロッド&リールの釣りでは2又針で充分です。
シラスベイトには小さめの2又針やヒラマサ針を使うこともあります。
プレジャー艇は自分たちが食べる分だけ釣れればいいのであって、食べる分だけ釣ったらあとはリリースするのがプレジャーの釣りの基本です。みんなの分を釣るのは漁師さんに任せておきましょう。

またライブベイトを釣る場合は下あごにフックが刺さったカツオは弱りが早いので、シングルフックや2又針を使い、上あごに針掛かりしたカツオを使います。
【リーダーの選択】
リーダーの太さはあまり気を使わなくていいですが、カツオには30号が標準です。
最近ではフロロカーボンの20号を使う方もいます。シラスベイトを曳く時には細いフロロリーダーを使うこともあります。
しかし、カツオの群れに大判の5kg8kgのカツオやマグロの10kg20kgが入っている時や、マグロ兼用で使うときは40号〜60号のリーダーを使いフックも大きめにします。
特にセンターロングで曳くルアーには大きなカツオやマグロがヒットしてくることがあるので太めのリーダーを使いフックも大きめにします。
リーダーの長さは表層曳きのカツオだけなら3mもあれば十分ですがマグロ、メジはリーダーが長いほうがいいこともあるので標準4.5mがおすすめです。ツバメ板には150cm程度の短いリーダーを使います。
【ルアーティーザー、バード、ラビット、ヒコーキ等のティーザーの使用】
カツオやマグロを釣る時はルアーの前にティーザー(イワシのナブラなどを演出する道具)をつけて曳くことがあります。
また軽くて小さなカツオルアーですから、ロングに流したときに風や波でラインが流されて仕掛けが絡みやすくなります。
ロングに流すルアーにそれぞれティーザーをつけることでラインがまっすぐに伸びるのでそれぞれの仕掛けが絡みにくくなります。
ショートのルアーは何もつけずに素曳きで曳いたほうが釣趣があって楽しいですが、ティーザーをつけて曳くこともあります。

ロッドやタックルを使わないで、ボートのクリートなどからロープで曳く手釣り・曳縄でもカツオやメジが釣れます。
カジキを狙っているときに手元から1本曳いておけばお土産にカツオが釣れます。
カツオやメジを狙って釣る簡単な仕掛けですが表層曳きのラビットセットと、中層曳きのツバメ板セットの2種あれば、これだけで自分たちで食べるには十分なカツオやメジが釣れます。
はじめての中層曳き仕掛けは、扱いが容易で、調整が難しくないツバメ板がおすすめです。

ライトトローリング曳縄セット
【沈めて曳くラパラルアー】
ルアーをつけて曳くだけで沈んでいくのがRapalaラパラのカウントダウンルアーです。
6ノット以上のスピードで曳けるこのタイプのルアーはあまり多くありません。
キャスティングルアーのようにルアーに2m〜3mのリーダーをつけて曳くだけの簡単なルアーです。
これもカツオが捕食するイワシなどのサイズに合わせて使いますが、普通サイズのカツオには9cm〜13cmサイズ、リーダーは20号を2m〜3mがおすすめです。
ラパラは3ノット〜7ノット位の間で曳いてください。6ノット位までのほうが喰いはいいです。
ゆっくり沈むRapala CD Magnum ラパラ カウントダウン マグナム、勢いよく沈んでいくRapala X-rap Magnum ラパラ エックスラップ マグナムがあります。 
Rapala X-rap Magnum ラパラ エックスラップ マグナム
サイズ30 全長約16センチ
サイズ20 全長約14センチ
サイズ15 全長約12センチ
 
Rapala CD Magnum ラパラ カウントダウン マグナム
サイズ18 全長約18センチ
サイズ14 全長約14センチ
サイズ11 全長約11センチ
サイズ9 全長約9センチ
 
Rapala Jointed ラパラ ジョインテッド
サイズ13 全長約13センチ
サイズ11 全長約11センチ
サイズ9 全長約9センチ
【弓角で釣る】
沿岸のライトトローリングで使う小型の弓角でもカツオは釣れます。
弓角を曳く場合は3ノット4ノットとゆっくり曳いてください。
6ノット8ノットで曳く場合は弓角の曲がりを伸ばして調整して使います。
弓角 ゆみづの
・弓角3号 ※リーダー付 サイズ(※針含まず):長約75mm×幅約12mm×厚約5mm
・ミニ弓角毛付7号 ※リーダー付 サイズ(※針・毛含まず):長約40mm×幅約8mm×厚約4mm

2. 小型のマグロ・メジ
【ルアー選びのポイント】
マグロといっても小型のメジと呼ばれる3kg5kgのマグロの幼魚から春の10kg〜30kgのトンボマグロの
ライトトローリングサイズから夏の50kg〜80kgのキハダマグロ、秋冬の100kgオーバーのクロマグロのヘビータックルトローリングサイズまで多くの種類とサイズが釣りの対象になります。
ライトトローリングタックルで釣れるのは20〜30kgくらいまでです。
春から秋に回遊するメジと呼ばれる各種のマグロの2〜3kgの幼魚はカツオとよく似た食性ですので、
カツオのルアーを参考にしてください。
カツオに比べてマグロ系の魚のほうが大きなルアーでもかまわず喰ってきます。3kgを超えれば小型のカジキルアーにも喰ってきますし、20kgのマグロは大型のカジキルアーにも喰ってきます。
リーダーはマグロの5kgまでなら40号、10kg〜30kgなら60号、それ以上ならヘビータックルを使います。

3. キハダマグロ・クロマグロ
【ルアー選びのポイント】
キハダマグロはよく動くルアーが大好きです。
夏のクロマグロ10kg〜30kgはよく動くルアーに食ってきます。
春、秋は動きのおとなしいイワシルアーのペンロングがおすすめ。
水中を沈んだままヒラヒラ泳ぐルアーも好きなようです。
動きのいいイカルアーはセンターロングがお勧めです。
PEN ペンルアー
  ペンロング(スカート付)
HP(ホログラムパール)
3M
(パウアシェル三面貼)・3MX(メキシコシェル三面貼)

全長約14cm〜18cm ヘッド長約6.4cm×ヘッド径約1.0cm
 
  ペンカット(スカート付)
HP(ホログラムパール)
MA
(パウアシェル)・HS(ホワイトシェル)・MX(メキシコシェル)
全長約12.5cm〜14.5cm ヘッド長約2.5cm×ヘッド径約12cm
 
 
HIRA Squid ヒラ・スクイッド イカルアー
  HS8 (8号イカスカート)
全長約24.5〜25.5センチ
ヘッド長約3.7cm×ヘッド高約1.6cm×ヘッド幅約2.8cm
HS9 (9号イカスカート)
全長約29.5センチ
ヘッド長約3.7cm×ヘッド高約1.6cm×ヘッド幅約2.8cm
 
Aloha Lures アロハルアー
  ・リルディスコ7
全長約24センチ ヘッド長約6.8cm×ヘッド高約2.5cm×ヘッド幅約2.5cm
 
Rapala X-rap Magnum ラパラ エックスラップ マグナム
サイズ30 全長約16センチ
サイズ20 全長約14センチ
サイズ15 全長約12センチ
 
Rapala CD Magnum ラパラ カウントダウン マグナム
サイズ18 全長約18センチ
サイズ14 全長約14センチ
サイズ11 全長約11センチ
サイズ9 全長約9センチ
 
Rapala Jointed ラパラ ジョインテッド
サイズ13 全長約13センチ
サイズ11 全長約11センチ
サイズ9 全長約9センチ
 

4. 冬のトンボマグロ
【ルアー選びのポイント】
捕食の下手なトンボマグロはバレットと呼ばれる砲弾型のルアーを使います。
前後に動くルアーはいいのですが、上下左右に動くルアーは食いが落ちるようです。
プレジャー艇ではペンロング、漁師さんにはペンバレットが人気です。
PEN ペンルアー
  ペンロング(スカート付)
HP(ホログラムパール)
3M
(パウアシェル三面貼)・3MX(メキシコシェル三面貼)

全長約14cm〜18cm ヘッド長約6.4cm×ヘッド径約1.0cm
 
  ペンバレット(ウエイト調整済リグ付)
全長約13cm〜15cm ヘッド長約3.7cm×ヘッド径約1.2cm
 
SPIN スピンシリーズ
  ・スピンバレットルアー(スカート付) 全長約24センチ

5. 沿岸のハマチ・サバ・ソーダカツオ
【ルアー選びのポイント】
穏やかな湾内や沿岸の潮の差すところでは、30cmから50cmくらいのブリの仔のハマチやサバがライトトローリングで釣れます。
ライトトローリングの入門に楽しい釣りができます。
沖に出ないので女性や子供さん連れでも家族での釣行でも楽しい釣りです。
青物用 ライトトローリング ツバメ板セット弓角セットがあればOKです。

6. ワラサ・ブリ・ヒラマサ・カンパチ・サワラなどの大型青物

【ルアー選びのポイント】
沿岸のトローリングを代表する大型青物のワラサやヒラマサ、サワラなどは、秋になると脂ものって大変美味しい魚です。
早朝空が明けてくる時合がベストで、その時間帯にはイワシなどを追いかけて表層に浮いてきて、ナブラになると、表層のルアーでも簡単に喰ってきますが、日中は青物は沈んでいることが多いのでルアーを沈めて曳くのが一般的です。
青物はリーダーは細めで、長めがいいです。
フロロなら8号をルアーリーダーで4.5mに、メインリーダーに20号を5mくらいつけます。
【表層曳き】
これらの青物はボートを怖がるのでロング40m〜60mに流し、リーダーも長めで細めのものを使います。
カツオと同様にティーザーをつけて曳きますがハミングバードやラビットの11cmなど小型のものがおすすめです。
表層曳きのルアーは、ペンショート3号スカートの赤系ピンク系がおすすめです。
PEN ペンルアー
  ペンショート(スカート付)
HP(ホログラムパール)・BBG(青/青/緑)・3R( 赤三面貼)・RBP(赤/青/パール)
3MX(メキシコシェル三面貼)
全長約10cm〜11.5cm ヘッド長約2.2cm×ヘッド径約0.9cm
 

【中層曳き】
日中は青物が沈んでいることが多いので、沈むルアーやツバメ板や潜行ビシなどでルアーを沈めて曳きます。
早朝でもショートは沈めて曳いたほうが広く探れて有利です。
たとえば水深50mの場所で青物が底から20mに回遊していればルアーを20m以上沈めなければいけません。
そういうときに漁師さんはビシと呼ばれる錘のついたラインで30mも50mも沈めて曳きますが、プレジャーボートではなかなか扱いきれません。
様々な沈めるタックルを兼用しても10mを超えるくらいまで沈めるのが精一杯です。
ですから水深30mくらいのポイントで曳くのが有利です。
漁師さんの曳いている場所より浅い側で魚の回遊を探して、青物の回遊しているタナ(深さ)より数メートル上を曳いてください。魚より下を曳いてしまうと喰ってきません。
沈めるときはナイロンラインよりPEライン、太いラインより細いラインが有利です。
ゆっくり曳けばより沈みますし、早く曳けば沈みにくくなります。
弓角 ゆみづの
・弓角3号 ※リーダー付 サイズ(※針含まず):長約75mm×幅約12mm×厚約5mm
・ミニ弓角毛付7号 ※リーダー付 サイズ(※針・毛含まず):長約40mm×幅約8mm×厚約4mm
 
弓角セット
 
Rapala X-rap Magnum ラパラ エックスラップ マグナム
サイズ30 全長約16センチ
サイズ20 全長約14センチ
サイズ15 全長約12センチ
 
Rapala CD Magnum ラパラ カウントダウン マグナム
サイズ18 全長約18センチ
サイズ14 全長約14センチ
サイズ11 全長約11センチ
サイズ9 全長約9センチ
 
Rapala Jointed ラパラ ジョインテッド
サイズ13 全長約13センチ
サイズ11 全長約11センチ
サイズ9 全長約9センチ
 
潜行ビシ

7. ヒラメ・コチなどの沿岸の底物
【ルアー選びのポイント】
ヒラメやコチは沿岸の海底に張り付いて、上を通るイワシなどを狙っています。
ですから海底から2mくらいまでルアーを沈めないとなかなか食ってきません。
泳ぐのが得意な魚ではないので曳くスピードもかなりゆっくり曳きます。
1ノット、1.5ノットくらいです。たいがいのボートのデッドスローでは早すぎるので、風や潮があれば、ニュートラルにして風や潮に乗せて流してもいいくらいです。
ツバメ板で沈めて、ジョイントラパラや弓角の小さめの物を曳きます。
水深10m以内の場所で、いったんツバメ板が底につくのを確認してから、2m〜3m巻きあげてゆっくり曳きます。岩場では根掛りしないように気をつけてください。
弓角セット
 
Rapala Jointed ラパラ ジョインテッド
サイズ9 全長約9センチ

8. シイラ・オキサワラ
【ルアー選びのポイント】
キャスティングで人気のシイラもトローリングでよく釣れる回遊魚です。
トローリングで釣れるシイラは、10kgを超える大型が釣れます。
万力というあだ名がつくほど力が強く、カジキ用のタックルでもなかなか揚がってきません。
ですからライトトローリングタックルでもあまり弱いタックルはお勧めできません。
オキサワラは夏のお盆を過ぎるころから沿岸に回遊してきます。
大きなものでは15kg〜20kg、2mにもなる歯のするどい魚です
シイラやオキサワラを狙っているとほぼ同じような潮を回遊するカジキがルアーに喰ってくることもあるので、ドキドキです。
大型シイラやオキサワラはよく動くルアーが大好きで、大型シイラやオキサワラが釣れる良い泳ぎのルアーには、カジキも食ってきます。
夏のお盆を過ぎるころから沿岸に入ってくるオキサワラは歯がするどく、よくルアーを喰いちぎっていきますので、高級なルアーはしまっておきましょう。
SPIN スピンシリーズ
  ・スピンカットルアー(スカート付) 全長約21〜26センチ
(各ルアーごとスカートの長さによりルアー全長サイズが異なります。)
 
Slammerhead スラマーヘッドルアー
  ・リンクス メキシコシェル(Wスカート付き)
サイズ9.5 全長約25cm
サイズ6.5 全長約20cm
 
Ballyhoo バリフールアー
  ・スラント 全長約19.5センチ ヘッド長約73mm×ヘッド幅約18mm
 
MOLD CRAFT モールドクラフトルアー
  ・SR フッカー 全長約27センチ ヘッド長約3.7cm×ヘッド径約3.7cm

究極のライトタックルビッグゲーム
9. セイルフィッシュ・マカジキ
【ルアー選びのポイント】
「夏〜秋のセイルフィッシュ」
「セイルフィッシュ」は和名「バショウカジキ」と呼ばれる背びれの大きな美しいカジキです。
最大80kg近くなりますが日本で釣れるのは20kg〜30kgの小型のものが多いです。
夏から秋にかけて九州の甑島や対馬に現れて、多くは日本海沿岸を回遊して、秋には富山の定置網によく入ります。
太平洋沿岸でも釣れますが、狙って釣れるほど多くないようです。
沖に出るより駿河湾や相模湾の外洋からの潮の差すところがポイントです。
小さめのよく動くルアーがいいようです。
SPIN スピンシリーズ
  ・スピンカットルアー(スカート付) 全長約21〜26センチ
(各ルアーごとスカートの長さによりルアー全長サイズが異なります。)
 
Slammerhead スラマーヘッドルアー
  ・タイタン メキシコシェル(Wスカート付き) サイズ6.5 全長約22cm
・タイタン スモークメキシコシェル(Wスカート付き) サイズ6.5 全長約22cm
 
Aloha Lures アロハルアー
  ・リルディスコ7 全長約24センチ ヘッド長約6.8cm×ヘッド高約2.5cm×ヘッド幅約2.5cm
・リルディスコ9.5 全長約24センチ ヘッド長約6.7cm×ヘッド高約3.1cm×ヘッド幅約3.1cm
 

「春のマカジキ」
マカジキは春にカツオとともに回遊してきて、カツオとともに北上していきます。
カツオを釣りながらマカジキを狙って釣ります。春のマカジキは20kgから大きくても40kgくらいです。夏も終わるころにはマカジキは北海道沖から親潮の南下とともに南に下り、秋には金華山沖や北関東沖で40kg〜70kgのマカジキが釣れます。サンマを追いかけての移動です。しかし北の海は荒れることも多く、
マカジキも大きくなってきますのでライトトローリングというより本格的なトローリングになりますのでここでは春のマカジキのお勧めルアーの紹介です。春のマカジキはイワシやサンマの20cmが主なベイトですから小さめのルアーがいいです。

PEN ペンルアー
  ペンロング(スカート付)
HP(ホログラムパール)
3M
(パウアシェル三面貼)・3MX(メキシコシェル三面貼)

全長約14cm〜18cm ヘッド長約6.4cm×ヘッド径約1.0cm
 
 
SPIN スピンシリーズ
  ・スピンカットルアー(スカート付) 全長約21〜26センチ
(各ルアーごとスカートの長さによりルアー全長サイズが異なります。)
 
Flash フラッシュシリーズルアー
  HNハニー 全長約31センチ ヘッド長約100mm×ヘッド径約29mm
 
HIRA Squid ヒラ・スクイッド イカルアー
  HS8 (8号イカスカート)
全長約24.5〜25.5センチ
ヘッド長約3.7cm×ヘッド高約1.6cm×ヘッド幅約2.8cm
HS9 (9号イカスカート)
全長約29.5センチ
ヘッド長約3.7cm×ヘッド高約1.6cm×ヘッド幅約2.8cm
秋のマカジキはビッグゲームタックルで狙います。

10. 南の島のライトトローリング
【ルアー選びのポイント】
南の島には日本沿岸とは少しちがう回遊魚がいます。5kgのツムブリや30kg50kgの
イソマグロ、歯が犬の犬歯のような20kgのバラクーダなど、キャスティングの移動の途中にも釣りができます。
南の島の釣りはペンカットとラパラの2本を曳いておけば、3kgから50kgまで釣れます。
ペンカットのピンクスカートは、50kgのイソマグロからツムブリ、バラクーダまでなんでもお任せの1本です。
ラパラCDマグナム、X-rapどちらでも良いですが、中間サイズを1本沈めて3ノット〜6ノットくらいで曳いておきましょう。キハダマグロの10kgサイズが飛びついてきます。
PEN ペンルアー
  ペンカット(スカート付)
HP(ホログラムパール)
MA
(パウアシェル)・HS(ホワイトシェル)・MX(メキシコシェル)
全長約12.5cm〜14.5cm ヘッド長約2.5cm×ヘッド径約12cm
 
 
Rapala X-rap Magnum ラパラ エックスラップ マグナム
サイズ30 全長約16センチ
サイズ20 全長約14センチ
サイズ15 全長約12センチ
 
Rapala CD Magnum ラパラ カウントダウン マグナム
サイズ18 全長約18センチ
サイズ14 全長約14センチ
サイズ11 全長約11センチ
サイズ9 全長約9センチ
会社概要
特定商取引法に基づく表示
個人情報保護方針
個人情報の取扱い
著作権・保証及び責任制限
© 2004-2016 [ BigGame-Lure's ] SEA DESIGNERS Co.,Ltd.