ビッグゲームルアーズは, カジキ・マグロトローリングルアー, スカート, リギングツール, トローリング用品のオンラインショップです

 
 
 
 
 
 
トローリングルアー/ビッグゲームルアー魚種別おすすめルアー > マカジキ・バショウカジキ ルアー
マカジキ・バショウカジキルアー 魚種別おすすめルアー
マカジキ・バショウカジキルアー
マカジキ・バショウカジキルアー
マカジキ・バショウカジキルアー
マカジキ・バショウカジキルアー
マカジキ・バショウカジキルアー
早春のマカジキ 夏秋のバショウカジキにおすすめのルアー
マカジキ・バショウカジキルアー
マカジキ・バショウカジキルアー
マカジキ・バショウカジキルアー
マカジキ・バショウカジキルアー
マカジキ・バショウカジキルアー
早春のマカジキ 夏秋のバショウカジキにおすすめのルアー

早春のマカジキ

【ルアー選びのポイント】
早春のマカジキは、まだ水温が低いため、活発に泳がないので、機敏に泳ぎ回るルアーよりおとなしいルアーのほうが喰いもいい、ボートスピードも遅めのほうがいい、という方もいます。沈めたルアーがいいときもあります。
春のマカジキは30kgくらいですから、小さめのルアーにライトタックルの方が楽しめるかもしれません。とはいっても、突然クロカワがヒットしてくることだってありますから、悩むところですが・・・

【おすすめサイズ】

早春のマカジキには、6.5号くらいのサイズを使う方が多いようです。
これは、マカジキがクロ
カジキより小さいから小型ルアーを曳くわけではなくて、春の早い時期はベイト(餌の魚)がまだ小さいからです。
潮岬の100kgを超えるクロカワが3号のカツオルアーや5号のトンボルアーにヒットしてくるのは、小さなベイトを捕食しているからです。 イワシも小さいですし、サンマも20cmほど、サバも15cm~20cmほどの大きさですから、ベイトサイズに合わせると、早春は4号5号サイズから、晩春にかけて6.5号~7号くらいが一つの「マッチ ザ ベイト」サイズです。
しかしこの時期のカツオやマグロは新仔が1kg弱、大きなカツオは5kgもいますから、大きな10号12号ルアーでも「マッチ ザ ベイト」です。大きなルアーでもカツオ廻りでは有効なはずです。

【おすすめカラー】
白銀系か青銀系が基本色です。

【おすすめフォーメーション】
コーナーで2本、カツオルアーやラパラを流し、リガーとセンターにマカジキルアーやカジキルアーを流せば、カツオ、マカジキ兼用のフォーメーションです。コーナーにカツオルアーを流すのは、手返しがいいからですし、ラパラX-rapもコーナーで流せば絡みにくいです。

夏秋のバショウカジキ・秋のマカジキ

【ルアー選びのポイント】
バショウカジキは夏に日本沿岸に寄り、秋には九州の下甑島周辺で産卵すると言われています。太平洋岸より日本海に多くみられ、富山湾の定置網では秋には毎日のように水揚げされるようになります。
早春のマカジキと違うのはシーズンが夏から秋ですから、水温も高く、バショウカジキも元気です。ルアーも機敏に泳ぐルアーや、スプラッシュをあげるルアーがいいようです。
トップガンMS, GW GLマック、BCスイマースリムSX9などがおすすめです。


秋のマカジキは体も60kgから80kgと大きくなり、普通のカジキルアーを使います。
ベイトにあわせてサイズを選ぶのは同じです。


【おすすめサイズ】

バショウカジキは国内ではぜいぜい30~40kgくらいまでです。
バショウカジキは、夏から秋までの時期には、まだイワシなどの小魚を餌にしていた食性を残していますので、ルアーもイワシや小魚と似た5号6.5号サイズを中心に、秋になってベイトが大きくなる頃には8号9号サイズのルアーを使います。
マカジキ・バショウカジキルアー バリエーション
Aloha アロハルアースーパーニンジャ 【サイズ6.7.9】
もうすでに全国で有名になりすぎたスーパーニンジャです。各サイズごとヘッドカラー、スカートバリエーションが豊富です。詳細は各ルアーのページをご覧ください。
 
  PEN ペンルアー 【ペンバレット】 (ウエイト調整済リグ付)
全長約13cm~15cm ヘッド長約3.7cm×ヘッド径約1.2cm
BCSwimmer Slim SX9 BCスイマースリムSX9 サイズ9】
2017新発売とともに沖縄からSX9でヒットコール、6月にはヒョータン、野島からも好調にヒットが続きました。
 
HIRA・Squid ヒラ・スクイッド イカルアー 【サイズ8号】
全長約24.5~25.5センチ ヘッド長約3.7cm×ヘッド高約1.6cm×ヘッド幅約2.8cm