【ビッグゲームルアーズ】は、カジキ・マグロトローリングルアー、スカート、リギングツール、トローリングタックル用品のオンラインショップです。
対象魚:カジキ,マグロ,カツオ,メジ,サワラ,カンパチ,ヒラマサ
カジキ・フィールド情報:与那国・土佐・すさみ・鳥羽・志摩・遠州灘・下田・三宅・銚子・金華山
サイト内検索
カートの中を見る
お客様MY PAGE
ショッピングご利用案内
お問合せ
メール投稿
サイトマップ
ビッグゲームルアーズ BigGame-Lure's カジキ・マグロトローリング
トップページ 商品名リスト 最新オフショアBLOG トローリングテクニック フィールドレポート カジキリンク集
 
商品目次
IMACOLE イマコレ!ブログ
今コレが人気です
今コレ!いちおしルアー
今コレ!フォーメーション
今コレで釣れてます
バックナンバー
2009年4月〜2010年6月
魚種別おすすめルアー
マカジキ・バショウカジキ
カツオ・マグロ・青物
ライトトローリング
商品カテゴリ
ルアー
ルアー
  トローリングルアー
  ルアー・ジグ・鯛ラバ・インチク
ベイト・スカート
ティーザー
潜行ビシ・潜行用具
フック・ライン・リギング
ライン・リーダー
フック
リギング用品
トローリングタックル
リール
  ビッグゲーム両軸リール
  両軸リール
  スピニングリール
  ビッグゲーム両軸リール
ロッド
  トローリングロッド
  ルアーロッド・ボートロッド
リール・ロッド・ラインセット
ギャフ・タグ
ハーネスとその他のタックル
ライトトローリング
ライトトローリングルアー
ライトトローリングティーザー
ライトトローリング曳縄セット
ライトトローリングリール
ライトトローリングロッド
ボートフィッシング
中深海仕掛
ルアーフィッシング
マグロ釣り※準備中
雑誌・DVD・その他関連商品
雑誌・書籍・DVD
その他関連商品
商品の在庫検索
お探しの商品名、商品名の一部、
キーワードを入力してください。
※在庫が空欄の商品はお取り寄せ商品です。メーカー在庫の有無により多少お時間を頂きますのでご了承ください。


ご注文方法
■オンラインショッピング
カートでご注文
各商品ページよりご注文いただけます。
(年中無休)
SSL暗号化サイト
SSLショッピングカート
当ショップのショッピングカートは128bit-SSL暗号化通信システムにより、お客様の個人情報など機密性の高い情報でも、安全にやり取りできる最高レベルのセキュリティ環境に保たれています。第3者からの情報盗聴・改ざん・成りすまし等から保護された環境で安心してショッピングをお楽しみください。
■TELでご注文・お問合せ
053-474-5555
(土・日・祝日休み 平日10:00〜17:00)
■FAXでご注文・お問合せ
053-525-7732
(年中無休)

FAX注文書

お支払方法、送料・手数料
お届けなど 詳しくは
ショッピングご利用案内

ティーザー カジキを寄せるテクニック > ルアーとティーザーの本質的な違い

ルアーとティーザーの本質的な違い
ルアーとティーザーの本質的な違い

 ルアーは動きの大きなタイプであっても、
カジキがヒットしやすい動きのパターン(静的状態)も持つように作られています。

しかしティーザーは、カジキを寄せる音(波動)を出す
大きな動きだけあればいいわけです。

そこが大きな違いです。

しかし往々にしてティーザーにカジキがヒットしてくるようですが、
それは“どこかが間違っている”と考えたほうが良さそうです。

カジキのヒットは、フックのついたルアーに起きなければまったく意味がないからです。



 あるとき、トローリング中に5連のチェーンバードを
ボートのクリートからロープでティーザーとして曳きました。

カジキの気配のある潮目を流していると、
突然ボートのどこかで「バッツン!」と何かが切れる音がしました。

アウトリガーのクリップが外れたのかと周囲を見渡しても
何の変化もありません。

午後になって、また同じように「バッツン!」と
何かが切れる音がしました。

あとで見たら5連のバードが2本なくなって3連になっていました。

バードにカジキがヒットして、150号のナイロンラインを食いちぎっていく音が
「バッツン!」だったのです。

それが2回も続けて起きました。

 翌日作りなおして再度5連にして流したら、
また「バッツン!」と、ティーザーにばかり連続3ヒットです。

悔しくて帰ってから5連のバードの最後尾に
10/0のフックを付けてみました。

これを曳いたらこのティーザーにカジキがヒットして
キャッチ出来るかもしれません。

でもそのフック付のティーザーは流すこともなく、
部屋からも持ち出すこともありませんでした。

なにか違和感を覚えたからです。  


 このシーズンはティーザーを考える年になりました。

5連のチェーンバードを曳いていると
オキサワラは3番目、4番目のバードにアタックしてきて
真ん中から持っていきますが、
カジキのアタックは最後尾のバードに集中して
アタックしてくることが分かりました。

チェーンバードだったから分かったことですが、
カジキは、“暴君”オキサワラと違って、
なかなか紳士的な習性を持っています。

バードの後ろにルアーを曳くことは
ただの順序と言うだけでは無かったようです。

Copyright © Masaaki Suzuki
次のページへ
会社概要
特定商取引法に基づく表示
個人情報保護方針
個人情報の取扱い
著作権・保証及び責任制限
© 2004-2016 [ BigGame-Lure's ] SEA DESIGNERS Co.,Ltd.