ビッグゲームルアーズは, カジキ・キハダ・カツオのトローリングルアー, スカート, リギングツール, トローリング用品のオンラインショップです。

 
 
 
 
 
ホルスプランジャー HorusPlunger

海外のカジキルアーに興味を持った方ならきっと
プランジャーという名前のルアーを聞いたことがあるでしょう。
プランジャールアーは、多くのルアーメーカーが、
プランジャーという名前のままで世に送りだしています。
このように異なるメーカーで同じ名前を持つルアーはプランジャーだけです。

プランジャーというのはあるパーツを表す言葉で、ポンプなどの中の気体を押すのはピストンと呼び、液体や個体を押すための丸棒を短く切ったような形状のパーツをプランジャーと呼ぶようです。各メーカーは丸棒を短く切ったような原型に“少し”だけ手を加えてビルダーの納得する泳ぎになるように調整して、メーカーオリジナルのプランジャーとして出しています。もちろん“少し”手を加えただけでも、カジキにとっては“大きな違い”になりますが。

ある説によれば世界で最もたくさんカジキを釣りあげたルアーは、プランジャーだと言われています。それほどプランジャーの実績は多く、各メーカーもプランジャーには非常に力を入れて製作し、その名前に恥じないルアーに仕上げ、それぞれに実績をあげています。中でも有名なのがジョイ・イーのスーパープランジャー、ブラックビューティ。真っ黒なルアーヘッドの側面の一部だけがホワイトシェルという妖艶ないでたちのこのルアーは、他のカラフルなルアーの中ではひときわ異彩を放ちます。

数多くあるルアーの中でなぜプランジャーだけが各社で同じ名前を持つようになったのかその経緯はわからないが、ある意味でそれほど良く釣れるルアータイプだという証かもしれません。

しかしその結果プランジャー相互の強烈な争いが存在し、

ホルスプランジャー HorusPlunger

などのワンメイクレースのような戦いが繰り広げられています。
プランジャーと命名されたルアーには一級品同士の競争の世界が待っているのです。

ホルスプランジャー HorusPlunger

2020年7月23日、Billfish-Laboチームのシエスタは新作のプロトルアーの調整の予定で出ていました。その日もカジキを追うボートが数艇、遠州灘の思い思いのポイントに散らばって攻めていましたが、カジキの気配は多くないようでした。
ポイントに到着し、右舷のアウトリガーに調整中のプロトルアー、左舷リガーにホルスドラゴン、コーナーロングにスイマー、コーナーショートにビッグタイタンの4本曳きの布陣です。南北30分ラインを東西にひくようにスキッパーと打ち合わせをして、自分はアフトデッキに出てプロトルアーの調整を始めます。
初めて海に流すプロトルアーは、30分ほどの調整でいい感じに泳ぎ始めました。ちょうどその頃に目的エリアの南北30分ラインの海域に入っていくと、突然右舷のアウトリガーが大きくしなり、リリースクリップがバツンと外れました。いきなりプロトルアーにカジキがヒットしたのです!今日はテストだと思っていたのでみんな気を緩くしていましたが、突然のヒットで一気に緊張が走ります。
アフトデッキのS君は手慣れた段取りでタックルを片付け、M君がチェアに入り、自分がキャプテンシートに入り操船します。リーダーが見えてからもカジキが暴れて走り回るので一瞬ヒヤリとしましたが、何とか食い止めてキャッチ。100㎏のクロカジキでした。フロントフックががっちり上顎に入り、リアフックが下顎を外からとらえていたのでまず外れない理想のフックアップでした。

このプロトルアーは企画からプランジャータイプでデザインして創っていました。安易な出来栄えではプランジャーの名前は付けられませんのでテスト段階ではただの名無しのプロトルアーです。しかし海に初めて出て、それも調整の途中なのに1時間足らずでヒットして、がっちりフックアップしてキャッチできたのはこのルアーに潜在能力が充分あることの証です。これならプランジャーと呼べるルアーになるかもしれません。

さっそくウエイトの加工を済ませ、完成品と同じ試釣用ルアーを数本作り、このヒットが偶然ではないことを認証するために他のチームに試釣を依頼することにしました。

ホルスプランジャー HorusPlunger

生産試作としてでき上がったばかりのプランジャーを提げて、チームViViは2020年8月30日遠州灘舞阪堀東に向けて出航。その日は水深200から100メートルラインの浅場を流すプランで出ていました。昼近くになり100mラインより浅場に入ったところで、3番アウトリガーショートに流していたプランジャーにお触り。すぐにカジキとわかり、急前進、ストップとボートスロットルで煽りを繰り返すと、3回目でプランジャーを引き出してヒット!!すぐにジャンプ細い魚体のカジキを目認。難なくギャフを入れると人生2本目となるバショウカジキでした。アングラーファースト&ボートファーストとなりました。

ホルスプランジャー HorusPlunger

生産試作として出来あがったプランジャーを、9月以降の秋シーズンに他の海域でも試してもらいたくて、3チームにルアーを送り、流してもらうことにしました。 すぐに結果は出ました。9月15日に塩竈遠征から帰港中の新進気鋭のチームAQUAHOLICさんが大洗沖にて、ホルスプランジャーにマカジキヒット!! そしてタグ&リリースに成功。素晴らしい写真とともに、釣果報告をいただきました。

ホルスプランジャー HorusPlunger

年末の27日に常磐沖でプランジャーにて、マカジキをタグ&リリースに成功したとの報告をいただいたのは、毎年沖縄から北の海まで数多くのカジキ釣果を記録し、さらに日本記録を最多保持する大洗マリーナのFORWARDさんからでした。試し釣り用のホルスプランジャーでマカジキ釣っていただきました。

ホルスプランジャー HorusPlunger

開発者チームを含め、4チームでクロカジキ、バショウカジキ、マカジキ2本と、数少ない試し釣行でしっかり4本のカジキを食わせた実力は、潜在能力の証です。

2021年5月、ビッグゲームルアーズが自信を持って日本の海に発表しました。
   5カラー50本のプランジャーが1ヶ月で完売してしまいました。

ホルスプランジャー HorusPlunger

大王埼沖、ヒョウタン、ウドネで目を見張る釣果報告!!

ホルスプランジャー HorusPlunger

   急遽、第2世代カラーのプランジャーをNEWリリース決定。

ホルスプランジャー HorusPlunger

▼各商品の詳細、お買い物はご希望の商品画像をクリックしてください。




※写真の色は現品と多少異なる場合がございます、ご了承ください。

ホルスプランジャー HorusPlunger

■ホログラムフィン

TOP