【ビッグゲームルアーズ】は、カジキ・マグロトローリングルアー、スカート、リギングツール、トローリングタックル用品のオンラインショップです。
対象魚:カジキ,マグロ,カツオ,メジ,サワラ,カンパチ,ヒラマサ
カジキ・フィールド情報:与那国・土佐・すさみ・鳥羽・志摩・遠州灘・下田・三宅・銚子・金華山
サイト内検索
カートの中を見る
お客様MY PAGE
ショッピングご利用案内
お問合せ
メール投稿
サイトマップ
ビッグゲームルアーズ BigGame-Lure's カジキ・マグロトローリング
トップページ 商品名リスト 最新オフショアBLOG トローリングテクニック フィールドレポート カジキリンク集
 
商品目次
IMACOLE イマコレ!ブログ
今コレが人気です
今コレ!いちおしルアー
今コレ!フォーメーション
今コレで釣れてます
バックナンバー
2009年4月〜2010年6月
魚種別おすすめルアー
マカジキ・バショウカジキ
カツオ・マグロ・青物
ライトトローリング
商品カテゴリ
ルアー
ルアー
  トローリングルアー
  ルアー・ジグ・鯛ラバ・インチク
ベイト・スカート
ティーザー
潜行ビシ・潜行用具
フック・ライン・リギング
ライン・リーダー
フック
リギング用品
トローリングタックル
リール
  ビッグゲーム両軸リール
  両軸リール
  スピニングリール
  ビッグゲーム両軸リール
ロッド
  トローリングロッド
  ルアーロッド・ボートロッド
リール・ロッド・ラインセット
ギャフ・タグ
ハーネスとその他のタックル
ライトトローリング
ライトトローリングルアー
ライトトローリングティーザー
ライトトローリング曳縄セット
ライトトローリングリール
ライトトローリングロッド
ボートフィッシング
中深海仕掛
ルアーフィッシング
マグロ釣り※準備中
雑誌・DVD・その他関連商品
雑誌・書籍・DVD
その他関連商品
商品の在庫検索
お探しの商品名、商品名の一部、
キーワードを入力してください。
※在庫が空欄の商品はお取り寄せ商品です。メーカー在庫の有無により多少お時間を頂きますのでご了承ください。


ご注文方法
■オンラインショッピング
カートでご注文
各商品ページよりご注文いただけます。
(年中無休)
SSL暗号化サイト
SSLショッピングカート
当ショップのショッピングカートは128bit-SSL暗号化通信システムにより、お客様の個人情報など機密性の高い情報でも、安全にやり取りできる最高レベルのセキュリティ環境に保たれています。第3者からの情報盗聴・改ざん・成りすまし等から保護された環境で安心してショッピングをお楽しみください。
■TELでご注文・お問合せ
053-474-5555
(土・日・祝日休み 平日10:00〜17:00)
■FAXでご注文・お問合せ
053-525-7732
(年中無休)

FAX注文書

お支払方法、送料・手数料
お届けなど 詳しくは
ショッピングご利用案内

ルアーの基本 > キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール

キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール
キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール
キャプテンは風や、波の波長と波高、方向と数、追い波、向かい波、潮の差す方向と速さ、水温、水色、ベイトの状況など、様々な要因を把握して、ボートスピードや、ルアーを流す長さや、ルアーラインの入水角度の調整をしてそれぞれのルアーが安定して正常な泳ぎを保つようにします。
ルアーはそうして正常に曳くだけでヒットしてくるように作られていますが、海はいつも同じではありません。安定した正常な泳ぎだけではヒットしてこないことが往々にしてあります。そんな時にキャプテンのルアーコントロールテクニックが必要になってきます。キャプテンはボートの動きを変化させることによって、ルアーにアクションをつけます。ボートはカジキがいるところに連れて行ってくれる乗り物というだけではなく、ルアーにアクションをつけるキャプテンの大切なタックルの一つなのです。
水温が低いときや、カジキの活性が低いときはスピードを少し落とし、ルアーフォーメーション全体を一波後方に伸ばすことで、ルアーの泳ぎを落ちつかせ、少し沈め気味に曳くことがあります。また逆に、カジキがいるのにどうやっても喰ってこないときには、ボートスピードを10ノット12ノットまで上げて、カジキを挑発することもあります。
カジキがルアーを追ってきても食い込まないときは、ボートスピードを一瞬デッドにして、数秒後に急発進させることで、ルアーを沈めてから急に泳がせてカジキの本能を挑発するのもボートスピードによるテクニックです。また、ボートのスピードを変えずに左右に蛇行することで、左右のルアーのスピードが変わり、ルアーが異常な動きを始めます。これもカジキを挑発する方法の一つです。キャスティングルアーをロッドアクションでコントロールするように、ルアーのアクションをボートやリガーでコントロールして、食い気のないカジキを攻めるのもカジキのトローリングの楽しみかたの一つです。
キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール
キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール
キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール
キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール
キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール
キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール
キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール
キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール
キャプテンによる“攻め”のルアーコントロール
プロキャプテンのF氏は果敢に攻める釣りをします。あるとき一緒に沖に出て何十艇もボートの集まっているフィールドで、F氏がカジキの尾鰭を見つけました。F氏はそのカジキの周りの100mほどを遠巻きに回り始め、エンジンの回転を上げたり下げたり、左右に蛇行したり、騒がしく操船しました。カジキの注意を自艇に向けさせるためでした。カジキの回りで少しずつ間合いをせばめながらボートをカジキに寄せていきました。
「こっちに気がついた。」「おっ、怒っている、怒っている。」と、F氏。
どのタイミングでどうボートをカジキに寄せればいいのか、カジキの様子や気配をよく見ていました。私たちにはわかりませんでしたが、大変に目のよいF氏はカジキのほんのちょっとしたヒレの動きや体色の変化を見逃してはいないようでした。
「興奮している。くるぞ、くるぞっ!」
センターロングのルアーがカジキの30m前方を通り過ぎようとしたときに、F氏がエンジンの回転を上げると、それまでほとんど動かなかったカジキが突然ルアーを追いかけ始めたのです。カジキは体をコバルトブルーに輝かせながら、ビルを振り立ててルアーに食いついてきました。
結局フックアップさせることは出来ませんでしたが、F氏の攻める釣りの果敢さには驚きました。我々が同じことをしても、カジキを沈めてしまうだけかもしれません。F氏の3マイル先のナブラを見つける眼と、カジキの反応に臨機応変に対応する判断力があればこそですが、なにより"攻めの釣り"に感動したのを覚えています。F氏だけなく、国内外を問わず有名なキャプテンはそれぞれに驚くようなテクニックを持っています。それを垣間見るだけでも充分にチャーター料金を払うだけの価値はあります。やはり何事も勉強です。
トローリングは待ちの釣りではありません。大海に出てカジキの潮を探し、果敢にカジキを追って攻める釣りです。そして60フィートの大型艇で出かけようが、500kgのグランダーが出てこようが、カジキと私たちの接点は小さなルアーしかありません。このルアーを大海原に素敵に泳がせることで、果てしない夢とロマンを垣間見せてくれるのです。このルアーという海のニンフ達を自分の思うままに泳がせてあげてください。
Copyright © Masaaki Suzuki
次のページへ
会社概要
特定商取引法に基づく表示
個人情報保護方針
個人情報の取扱い
著作権・保証及び責任制限
© 2004-2016 [ BigGame-Lure's ] SEA DESIGNERS Co.,Ltd.