【ビッグゲームルアーズ】は、カジキ・マグロトローリングルアー、スカート、リギングツール、トローリングタックル用品のオンラインショップです。
対象魚:カジキ,マグロ,カツオ,メジ,サワラ,カンパチ,ヒラマサ
カジキ・フィールド情報:与那国・土佐・すさみ・鳥羽・志摩・遠州灘・下田・三宅・銚子・金華山
サイト内検索
カートの中を見る
お客様MY PAGE
ショッピングご利用案内
お問合せ
メール投稿
サイトマップ
ビッグゲームルアーズ BigGame-Lure's カジキ・マグロトローリング
トップページ 商品名リスト 最新オフショアBLOG トローリングテクニック フィールドレポート カジキリンク集
 
商品目次
IMACOLE イマコレ!ブログ
今コレが人気です
今コレ!いちおしルアー
今コレ!フォーメーション
今コレで釣れてます
バックナンバー
2009年4月〜2010年6月
魚種別おすすめルアー
マカジキ・バショウカジキ
カツオ・マグロ・青物
ライトトローリング
商品カテゴリ
ルアー
ルアー
  トローリングルアー
  ルアー・ジグ・鯛ラバ・インチク
ベイト・スカート
ティーザー
潜行ビシ・潜行用具
フック・ライン・リギング
ライン・リーダー
フック
リギング用品
トローリングタックル
リール
  ビッグゲーム両軸リール
  両軸リール
  スピニングリール
  ビッグゲーム両軸リール
ロッド
  トローリングロッド
  ルアーロッド・ボートロッド
リール・ロッド・ラインセット
ギャフ・タグ
ハーネスとその他のタックル
ライトトローリング
ライトトローリングルアー
ライトトローリングティーザー
ライトトローリング曳縄セット
ライトトローリングリール
ライトトローリングロッド
ボートフィッシング
中深海仕掛
ルアーフィッシング
マグロ釣り※準備中
雑誌・DVD・その他関連商品
雑誌・書籍・DVD
その他関連商品
商品の在庫検索
お探しの商品名、商品名の一部、
キーワードを入力してください。
※在庫が空欄の商品はお取り寄せ商品です。メーカー在庫の有無により多少お時間を頂きますのでご了承ください。


ご注文方法
■オンラインショッピング
カートでご注文
各商品ページよりご注文いただけます。
(年中無休)
SSL暗号化サイト
SSLショッピングカート
当ショップのショッピングカートは128bit-SSL暗号化通信システムにより、お客様の個人情報など機密性の高い情報でも、安全にやり取りできる最高レベルのセキュリティ環境に保たれています。第3者からの情報盗聴・改ざん・成りすまし等から保護された環境で安心してショッピングをお楽しみください。
■TELでご注文・お問合せ
053-474-5555
(土・日・祝日休み 平日10:00〜17:00)
■FAXでご注文・お問合せ
053-525-7732
(年中無休)

FAX注文書

お支払方法、送料・手数料
お届けなど 詳しくは
ショッピングご利用案内

ルアーの基本 > ルアーの泳ぎを見極める

ルアーの泳ぎを見極める
ルアーの泳ぎを見極める
"このルアーはよい泳ぎをする"という表現が頻繁に使われる。
しかし、"よい泳ぎ"という表現は、抽象的かつ主観的過ぎて返事に困ることがよくあります。
" よい泳ぎ"という表現が、カジキがヒットするという"よい泳ぎ"であれば、"泳がないルアー"も"よく泳ぐルアー"も状況次第でカジキはヒットしてくるのだから"よい泳ぎ"ということになります。
しかし"よく泳ぐルアー"という表現であれば、"頻繁に動きが変化する"、という意味になります。
例えば、PAKULAの名ルアー "スプロケット"とラットは同じチャガータイプのルアーであっても、スプロケットよりラットのほうが"よく泳ぐ"。
ラットはヘッドが短いので首をよく振ります。
スプロケットはそれに比較すれば"泳がない"。
しかし、どちらが"よい泳ぎをする"のかということになると、PAKULAを代表するルアーといえば「スプロケット」であることを疑わなければ、スプロケットだ、と答えることになるでしょう。
スプロケットは、泳ぎすぎないことで、より長くきれいなスモークを曳いてカジキの本能を刺激するからです。
また、"ルアーが首を振る"という場合には、ルアーヘッドの中心を支点にして首を振るルアーもあれば、ルアー全体を左右に振ることで首を振るということもあります。
ルアーヘッドのフェイス面を支点にして首を振れば、このルアーは腰を振るという表現になるかもしれません。
ルアーの動きを言葉で正確に表現することの限界があるがゆえに"よい泳ぎ"という表現になってしまうようですが、アバウトすぎてどうも的確な表現とも思えません。
それに加えて、ルアーは複数の動きを持っていて、その要素が複雑に影響しあっているのでなおさらです。
結局ルアーの泳ぎは言葉では表現できず目で見極めるしかありません。
自分の目でその泳ぎを見て納得がいけば使うようになるし、納得がいかなければ、ルアーケースの奥にしまわれることなります。あるいは、時期を選んで使うようになるのです。
ルアーの泳ぎを見極める
ルアーの泳ぎを見極める
ルアーの泳ぎを見極める
ルアーの泳ぎを見極める
ルアーの泳ぎを見極める
ルアーの泳ぎを見極める
ルアーの泳ぎを見極める
ルアーの泳ぎを見極める
大切なのは自分の眼でルアーの動きをじっくりと見極めることです。
ルアーにゴミがついても分からないようでは、ルアーがどう泳ごうが、動きの本質が分かっていないのですから、釣れるルアーを自分で選ぶこともできません。
自分が選んだルアー、自分が惚れたルアーにカジキを食い付かせてこそ、満足のいく釣りになります。
しかし操船と航行のワッチをしなければならないキャプテンは、じっくりルアーのワッチを続けその泳ぎを見極めることが出来ません……。さて、どうしましょ?
Copyright © Masaaki Suzuki
次のページへ
会社概要
特定商取引法に基づく表示
個人情報保護方針
個人情報の取扱い
著作権・保証及び責任制限
© 2004-2016 [ BigGame-Lure's ] SEA DESIGNERS Co.,Ltd.